Monday, May 14, 2018

ターナー展 (-9/9) / TURNER and the Poetics of Landscape

名前:ターナー展 風景の詩
ウェブサイト:ここより
ノート:ジョゼフマロードウィリアムターナーはイギリスのロマン主義の画家
13歳の時、風景画家トーマスマートンに弟子入りし、絵画の基礎を学んだ
初期のターナーはアカデミー受けのする、写実的な風景を描いていた
44歳の時のイタリア旅行を転機に、イタリアの明るい陽光と色彩に魅せられ、特にベネツィアの街をこよなく愛し、多くのスケッチを残している
1842年に制作された『吹雪−港の沖合の蒸気船』では蒸気船はぼんやりとした塊に過ぎず巨大な波、水しぶき、吹雪といった自然の巨大なエネルギーを描き出している
印象派を30年も先取りした先駆的な作品であったが、発表当時は石鹸水と水漆喰で描かれたなどと酷評された
この作品を制作するためにマストに4時間も縛り付けられ、嵐を観察したという逸話が残っている
詳細:ここより
イメージリンク:ここより
期間:2018年7月1日 日曜日まで
期間:2018年7月7日から9月9日まで
====================


Snow Storm: Steam-Boat off a Harbour's Mouth


Modern Rome – Campo Vaccino


The Fighting Temeraire


Fishermen at Sea


Raby Castle


Calais Pier


The Wreck of a Transport Ship


Rain, Steam and Speed – The Great Western Railway

====================

Name: TURNER and the Poetics of Landscape
Website: click here
Note: Joseph Mallord William Turner, known as J. M. W. Turner and contemporarily as William Turner, was an English Romantic painter, printmaker and watercolorist, known for his expressive colorisation, imaginative landscapes and turbulent, often violent marine paintings
He was recognised as an artistic genius: the influential English art critic John Ruskin descried him as the artist who could most "stirringly and truthfully measure the moods of Nature".
Details: click here
Date: through Sunday, July 1, 2018
Date: Saturday, July 7 through Sunday, September 9, 2018

No comments:

Post a Comment

Blog Archive

Followers