Monday, July 04, 2016

アルバレス・ブラボ写真展 (-8/28) / Manuel Álvarez Bravo photo exhibition

名前:マヌエル・アルバレス・ブラボ写真展
ウェブサイト:ここより
場所:世田谷美術館
美術館詳細:ここより
期間:2016年8月28日日曜日まで
イメージリンク:ここより
ノート:戦間期から第二次世界大戦後にかけて活躍した、メキシコの最も優れた写真家の一人
メキシコ革命(1910年から1920年)の激動の中で少年時代をすごす。
1920年代には、来墨したエドワードウェストンやティナモドッティとも接点があり、彼らの影響も受けて写真を始めた
彼の作品は、メキシコをまたはメキシコで撮影した作品であり、ドキュメンタリー写真、人物写真および風景写真が中心である
詳細:ここより
アーティストウェブサイト:ここより
====================

舞踊家たちの娘
The Daughter of the Dancers


夢想
The Daydreaming


トゥルムのマヤ人の少年
Mayan Boy from Tulum


世間は何と狭いことか
How Small the World Is


リュウゼツランの上の窓
Window on the Agaves


シリーズ〈内なる庭〉より 
 From the Interior Garden Series

====================

Name: Manuel Álvarez Bravo photo exhibition
Website: click here
Place: Setagaya Art Museum
Museum Details: click here
Date: through Sunday, August 28, 2016
image link: click here
Note: Mexico's first principal artistic photographer and is the most important figure in 20th century Latin American photography.
He was born and raised in Mexico City
While he took art classes at the Academy of San Carlos, his photography is self-taught
His hallmark as a photographer was to capture images of the ordinary but in ironic or surrealistic ways
His early work was based on European influences, but he was soon influenced by the Mexican muralist movement and the general cultural and political push at the time to redefine Mexican identity
He rejected the picturesque, employing elements to avoid stereotyping
Details: click here
Artist Website: click here

No comments:

Post a Comment

Blog Archive

Followers